第9回

沼町

新調地車

入魂式










'02/07/21

 

午前3時45分頃大下工務店を出発します。
屋根下には駒提灯。

大工:大下 孝治師 
彫刻:木下 賢治師
   河合 伸仁師
   木下 健司師
この時間にこの人の数・・・
いったいここ以外で朝3時半から
人が集まるところがあるのか?
と思ってしまいます。
そして4時頃自町に戻りました。
岸和田天神宮に宮入。
天神宮参道から帰ります。
ここの鳥居は高いので安心です。
なんせ大型地車の並松町や藤井町が通るのですから。
それでも後旗はおろしますが。
金縄の形は先代の形を踏襲しています。
先代より横に広がった感じですか。
地車の大きさとしては
大型にしなかったということですが、
十分大きいです。
さらに彫り物などに力を注いだ逸品!
参道前まで藤井町が出てきています。
地車を合わせます。
別所町も地車を出し合わせました。  
紀州街道にて。
本町地車庫前で本町の地車に向けます。

紀州街道を南へ。

最近は紺色の後旗が多いですね。
池尻町からか?
しかもこの旗の裏面はもう少し赤っぽい紺で
同じデザインになっています。
疎開道。
疎開道からカンカン場へ。
なんだか景色が変わったなぁ。
昔は後に何もなかったし、
ちょっと前まで阪神高速が見えたのに・・・

沼町のみなさん、おめでとうございます。
暑い中お疲れさまでした。

彫り物

他町を追う

戻る