第107回

大阪市
鶴見区
花博開催
20周年記念
鶴見区だんじり祭
in鶴見緑地







'10/11/14

 

朝から別件の用事があり、
終わった後鶴見緑に
寄ってみました。
すでに広場に7台の地車が
集合しています。

舞台では各町が地車囃子と
龍踊りを披露していました。

諸口

大阪市唯一の岸和田型地車です。
一度見てみたかった地車でした。
平成12年に新調です。

大工:大下工務店
彫師:木下彫刻工芸

諸口

地車は岸和田型ですが
地車囃子は泉州式とは違います。
鳴物の配置も両脇に鐘、
後に小太鼓、中に大太鼓です。

諸口

緑地内を周回しに
広場を出てきます。


諸口

地車が続いて出てきます。

中茶屋

大阪型の地車です。

今津

住吉型の地車です。
安田

住吉型の地車です。

横堤

 住吉型の地車です。



?型、
基本的に岸和田型の地車しか
知らないので
大阪型と住吉型の
違いがよくわかりません・・・

 

東ノ町

大阪型の地車です。
東ノ町となっていますが
基本的には鶴見町で、
西と東の2台地車があって
夏祭りには西の地車を
曳くらしいです。

西ノ町の地車は
住吉型ということ。

先頭の諸口は
緑地内の道路をぐるっと周って
戻っていきます。

鶴見東ノ町とすれ違って
緑地入口方面へ。

諸口は歩くのが早いのか
所々で後を待っていました。

諸口

緑地から出てきました。

諸口

広く交通量の多い道を
通って帰っていきました。

ここまで見て帰宅。

戻る