第111回

中井町
新調地車
入魂式











'11/09/11

 

朝の3時半ごろに岸和田駅に到着、
だんじりを待ちました。

早朝だと言うのに
岸和田駅前には結構な人が!

だんじり到着前に中井町の人が
うちわを配ってくれました。

3時55分頃、
岸和田駅前に地車が現れました。

植山工務店を出発、
南上町・上町を通過して
塔原線を南海線高架下まで下がって
大阪方面へ曲がり岸和田駅前へ。

来週お祭の岸和田駅前を
駆け抜けていきます。

岸和田天満宮入り口を大阪方面に曲がり、
藤井町内通過。

屋根下には駒提灯2つ。
後の旗は暗くてよくわかりませんが
豪華そうです。
兵主神社前を通過。

まだ暗くて地車はよく見えません。

さらに先回りして荒木町内、
ここまで来ると八木年番がお出迎え。
このまま夜疑神社に向かい入魂神事ですが、
私は自町の準備があるのでここで帰ります。

お披露目曳行。
大町の交差点に来てやり回しです。
この地車は
大工:植山工務店 佐野和久棟梁
彫師:近藤晃師
です。
正面枡合は先代を継いで天岩戸、
番号持ちは前日見たとき
琵琶法師のように見えました。

後旗はリバーシブルになっているように
見えます。
白っぽい色の旗か?

交差点をやりまわして
大町商店街を上がります。
各町の纏も見えます。
ここに戻ってきたときには
纏が整列していたみたいです。

額町は総出でお出迎えしました。
纏も先代のものによく似ていますが
新調のようです。

13号線を走っていきます。

ぱっと見それほど大きく見えないのですが
近くで見ると背が高く、大きな地車です。

彫り物も見たかったんですが、
祭の間に見せてもらいます。 

切妻の地車です。
この後自町に戻りお披露目した後、
新条小学校で式典だったようです。

中井町の皆さん、おめでとうございます。

戻る