第114回

東大阪市
祭禮












'11/10/16

 

角田

近鉄けいはんな線吉田駅で降りて角田へ。
あいにく地車は加納方面で
集合しているようでした。

12時半ごろ、
加納のほうに行っていた地車が
角田に戻ってきました。

角田

角田の地車は岸和田市吉井町から
昭和22年に購入した地車です。
ですがこの地車自体はよくわかっていません。
わかっているのは吉井町が購入したときにすでに
3台の地車を1台にしたものと伝わっています。
元は天保・弘化年間の旧市大北町の地車とか。

角田

平成14年に地車製作 隆匠で大修理。
装飾も一変しました。
後旗は白地と紺地。

本庄

昭和3年に泉大津市池浦で新調され、
平成9年購入した地車です。

中野

昭和63年に泉大津市千原町で新調され、
平成13年に購入の折衷型地車です。
まだ新しい地車ですね。

中野

紋は桜です。 

横枕

大正9年に泉大津市西之町で新調、
平成10年に高石市羽衣から購入された住吉型地車です。
引き綱、後梃子ともに外されています。
 

横枕

後梃子なくても簡単に回るんですね。
紋は下がり藤。

横枕

龍踊りを披露。
前の3台が泉州式、
そして急に大阪式の地車囃子。
なんだか不思議です。

箕輪 

箕輪は引き綱付きで曳行してきました。

箕輪 

平成元年に和泉市下伯太で新調。
ちなみに上伯太先代とは兄弟地車です。
平成15年に購入の折衷型地車です。

箕輪 

後旗は1本のみ、緑色が目を引きます。

角田

休憩後角田から出てきます。

角田 

やりまわし。

本庄 

この法被は面白いです

左から見たら黒の法被、
右から見たら白の法被に見えます。
それでいて不自然なデザインでない。
秀逸!

本庄 

やりまわし

中野

青年団がとても少ないですが・・・

中野

やりまわし

角田

周ってきてやりまわし

角田 

どういうコースで周っているのか
わかりませんがぐるぐる周ってます

本庄 

本庄も続きます

本庄 

本庄は吹き散り

吹き散りのなびき方がいいですね。
ここまで見て帰りました。
帰りはけいはんな線荒本方面へ。

横枕

荒本へ向かう途中横枕の地車が戻ってきました。
大きな道の一車線を使って曳行しています

戻る