第118回

内畑町下出
入魂式

 

'12/05/20

 

山滝地区、内畑町下出です。
上松町先代地車を購入、入魂式です。
朝6時過ぎ、
山直神社境内で入魂神事です。

内畑町には昭和30年代まで
下出、沢峰、西堂、辻堂、山口の五字に分かれて
それぞれの字が地車を曳行していました。
その後内畑町で1台の地車を曳行するようになりました。

下出の地車復活は平成6年、
その後は内畑町は
内畑と下出の2台の地車で曳行されています。

この地車は昭和28年、
上松町で製作。

大工:天野 藤一師
彫刻:木下 舜次郎師

入魂神事中。

左土呂幕は珍しい
「岩見重太郎狒々退治」
本年新調の上松町現地車にも
同じ彫り物が彫られています。

写真ではわかりにくいですが
すばらしい猿の彫り物が見所です。

小屋根組み物、
獅子が組まれている
珍しい組み物になっています。

山直神社を出てきます。
ここまでの道は細く急坂です。
行きも帰りも大変です。

牛滝線まで内畑の地車が出てきています。
交歓後大沢方面へ。

国道170号旧道を越えてさらに大沢方面へ、
内畑町山口まで行ってUターン。

戻ってきて国道170号旧道を
内畑町交差点から和歌山方面へ。

坂を下って西堂まで、
そしてUターン。

ここも高低差が激しいです。

ふたたび内畑町交差点へ戻ってきます。
地車が大きくなって大変です。

そして海側へやりまわし。

積川まで下りてきました。
積川町の地車庫まえで交歓。

さらに少し下ると橋室の地車が。
橋室の地車庫は府道磯之上山直線 より北側、
地車をここまで持ってくるとは!

その後稲葉方面へ下っていきました。
ここまで見て帰宅。

関係者の皆さんお疲れ様でした。

他町を追う

内畑


平成9年新調

大工:天野 行雄師
彫刻:松田(萬屋)正彦師
   木下 賢治師
   小西 清和師
   松本 幸規師

積川
(積川西)

平成3年新調

大工:大下 孝治師
彫刻:木下 賢治師

橋室
(積川東)

昭和24年新調

大工:植山 宗一郎師
彫刻:木下 舜次郎師

岸和田市白原町新調
→下池田町
→橋室

戻る