第130回

貝塚市
地蔵堂町
新調10周年
記念曳行 

 
'12/09/22

 

貝塚市地蔵堂町の新調10周年記念曳行です。
記念曳行なんて岸和田ではないですね〜
他の市は許可おりやすいんでしょうか?

地蔵堂会館前に待機中です。

この地車は

平成14年新調
大工:大下工務店
彫師:木下彫刻工芸

町内に地蔵堂があったことから
地車の各所にも勝軍地蔵が彫られています。

御幣をつけてそろそろ曳行開始です。

町会長挨拶と貝塚市長の挨拶が終わりスタートです。

会館前を出発し右折。 

町内の道は狭いです。
地車は大きいので気を使います。

南近義神社の裏側あたり。

町内の地車は入れる道には入っていきます。

13号線を渡って阪和線の線路近くまで行きます。
和泉橋本のジャスコはなくなりましたが、
跡地にはイオンショッピングセンターが建設中。
作業員の方々も続々道に出て見物中。

線路沿いでやりまわし。

少し進んだ後Uターン。

戻ってもう一度やりまわし。

13号線を再び渡ります。

町内の狭い道で一度休憩。
昔懐かしい梨が配られていました。

会館前でもう一度休憩。

休憩後町内をぐるっと周って地車庫へ向かいます。

!?

南近義神社の裏では
坂道を一気に駆け上がった後の停めまわし。

地車庫に戻って曳行終了です。
地車庫は建物は古くないですが扉が渋い。
昔の地車小屋を思い出します。

後梃子をはずしジャッキで後の駒を浮かせて入庫。
地蔵堂の皆さんお疲れ様です。

正面枡合

鶴岡八幡宮 

左面枡合

安宅の関 弁慶義経懲打 

右面枡合

牛若丸 弁慶五条大橋の出会い

小屋根左面枡合

本能寺の変

木下舜次郎師の中之濱町土呂幕を彷彿とさせます。 

後面枡合には町名の由来になった
勝軍地蔵が彫られています。

小屋根後面枡合い

川中島の合戦

正面腰周り

土呂幕は巴御前の勇姿

大屋根周りと腰周りは源平、
見送り周りは秀吉を中心とした戦国物です。

戻る