第133回

和歌山県
橋本市
橋本市民会館前
パレード








 
'12/10/13

 

東家区

和歌山県橋本市まで遠征してきました。
橋本のお祭(一部除く) は10月の第2土曜の週、
自分の祭は10月第2日曜の週、
ということで9月30日が土曜だった今年は
日がかぶらないチャンス!
ということで見に行きました。

岸和田型の地車も多いので見たかったんです。

まず東家区内で東家の地車に遭遇。

東家区

この地車は
天保11年岸和田市中町にて新調、
紙屋町先代より1年前という最古参地車です。

大工:不明
彫師:花岡源介師

大正11年に中町が現地車新調のため貝塚市清児へ、
昭和23年に和泉市今在家へ、
昭和34年からここ東家で曳行されています。

東家区

古い地車独特の一枚縣魚、
正面枡合は素戔男尊大蛇退治、
腰周り・見送りは三国志になっています。

比較的屋根の内方面に房がついています。

東家区

小屋根の屋根組みも今の地車と違い垂木がありません。

写真の小屋根枡合い右は安倍康成と玉藻前

東家区
御幸辻区


前から市民会館へ向かう御幸辻がやってきました。
すれ違います。 

御幸辻区

この地車は昭和初期に岸和田旧市某町の発注で作成され、
その後破談となり植山工務店預かりになっていた地車です。

大工:植山宗一郎師
彫師:木下舜次郎師
   松田正幸師

和泉市内田町が購入し、
同町新調に伴い平成18年に御幸辻へ。

御幸辻区

国道24号線を走ります。
この地域の大動脈のため結構な渋滞が・・・

御幸辻区

市民会館へやりまわしします。

御幸辻区

平成21年の大修理により大型化し、
縣魚等見た目も変わりました。

御幸辻はここで昼食休憩。

市脇区

市民会館から少し歩いて市脇方面へ。
ちょうど町内から地車が出てきました。
とても道が狭くギリギリです。

市脇区

狭い道を曲がった後市民会館へ向かいます。

市脇区

国道371号バイパスをくぐります。

市脇区

市民会館方面へ。

市脇区

やりまわしで市民会館へ入ります。

市脇区
御幸辻区

2台の地車が並びます。

市脇区

市民会館へ集まった後周辺を行ったり来たりします。

市脇区

法被は特徴ある色です。
背中の紋は「市」の周りに「み」が並ぶデザイン。

市脇区

後旗は黒ベース。

御幸辻区

御幸辻も休憩後やりまわししたり行ったり来たり。

小原田区

 市民会館上の狭い道から小原田区の地車が来ました。

この地車は昭和5年に池尻町で新調。
大工:山内安太郎師
彫師:一元林峯師

平成9年に泉大津市南曽根へ、
平成20年に同町新調に伴い大下工務店に引き取られ、
平成23年小原田へ。
その際に片山晃師によって
番号持ち(弁慶)が新調されました。
今回は見れず残念。

古佐田区

国道24号方面から古佐田がやってきてやりまわし。

平成3年に堺市片蔵が新調した
比較的新しい折衷型の地車です。

大工:池内幸一師
彫師:野原湛水師
   中山慶春師
   川原和夫師
   木下賢治師

平成24年に古佐田へ。
 

古佐田区
御幸辻区
小原田区

市民会館前に集まっては出発を繰り返します。 

小原田区

大阪方面へやりまわし。

古佐田区

大阪方面へやりまわし。
古佐田の鳴物は泉州風ではありますが、
少し違うたたき方をしてます。 

御幸辻区

大阪方面から奈良方面(市民会館方面)へやりまわし。

小原田区

 大阪方面から奈良方面へやりまわし。

古佐田区

川方面から奈良方面へやりまわし。

東家区

東家がやってきました。
青の法被は目を引きます。
鳴物も独自のものです。

原田区

続いて原田区。

この地車は
明治28年に岸和田市福田町で新調された地車です。
昭和10年ごろに積川東(橋室)へ、
平成13年まで曳かれた後
売却先が決まっていませんでしたか
平成18年に購入。

原田区

左右の笛に女の子が乗っています。
 

原田区

特徴ある形の懸魚です。
かなり小型の地車です。

橋谷区
市脇区
原田区


奥から橋谷もやってきて賑わってきました。

市脇区

気温は低めながら天気が良く気持ちいい日でした。 

橋谷区

川方面から奈良方面へやりまわし。

橋谷区

奈良方面から大阪方面へ出てきます。

橋谷区

法被は白ベース、
パレードのため仮装しています。

東家区

紀ノ川方面へ下っていました。
先頭の提灯持ちは女の子でした。

市脇区
橋谷区
古佐田区

ここまで見て時間の都合で帰りました。

妻区

帰る途中に国道24号線で妻区と遭遇。
この地車は江戸後期から
明治初期にかけて堺市某所で新調した堺型地車です。
わかっている経路は菱木東→北高尾、
平成14年に堺市北高尾より購入。

大工:河村新吾師
彫師:彫又

この市民会館前パレードには他にも
橋本区(船型地車)
胡麻生区(担い地車)
という特徴ある地車が参加するんですが見れませんでした、
残念。

戻る