第139回

高石市
大園
入魂式









 
 
'13/05/19

 

高石市大園の入魂式です。

着いた時には等乃伎神社で神事中でした。

昨年まで岸和田市流木町の地車でした。
昭和9年新調。
大工:絹井楠次郎師
彫刻:開正藤師、開生a師
彫刻助:玉井行陽師

番号持ちが新調されていました。

装飾が変わると雰囲気も変わります。

大園は綾井、新家、土生などと
高石祭りに参加しています。
近年は紀州街道連合にも参加しているようです。

神社を出てお披露目に出発。
一発目のやりまわし後。
高石市各町の青年団の方が走ってます。

阪和線方面へ。 

阪和線沿いの道を走り山手へやりまわし。

新家に到着、
だんじりを並べます。

新家のだんじりは
昭和60年に堺市深井沢町から
有志で購入された地車です。

大工・彫師・製作年不詳ですが、
平成12年の大修理で古さを感じさせません。

新家を出て土生へ

13号線でUターン。

バックで土生の会館へ乗り入れます。 

ここまで見て町の行事のため帰りました。
大園の皆さんおめでとうございます。

他町を追う

富木

富木は鳳の祭に市域を超えて参加します。
が、等乃伎神社の目の前なので地車を出してお祝い。

鳳と高石で祭禮日が違う年は
高石の宮入の時に地車を出すと聞いたことがあります。

 

富木

平成12年新調
大工:天野行雄師
彫刻:木下賢治師

正面土呂幕は義経弓流し、
その他腰周りは源平統一です。

 

富木

めったに見れない小屋根懸魚は龍。
小屋根枡合は五条大橋の出会い。

 

富木

幟台も龍です、でかい!

土生

昭和55年 堺市小阪新調
平成23年に購入
大工:池内福治郎師
彫師:木下頼定師

戻る