第140回

紙屋町
入魂式



  
 
'13/06/09

 

紙屋町の大修理入魂式です。

こなから坂上へやってきました。

きれいになっています。

平成3年新調なのでもう22年経ちました。

大工:天野藤一師
彫刻:松田正幸
   木下賢治師

お城を回って岸城神社へ。
先回りします。

先代からの特徴ある1枚板懸魚。
正面枡合は鎮西八郎為朝の剛弓、

特筆すべきは見送りの三国志ですね、
これも先代から。

正面枡合は川中島龍虎相撃つ。 

宮入を終えてお披露目へ。
1周目のカンカン場。

貝源を周って2周目。

貝源、欄干橋から船津橋を浜方向へ

浜の地車も出ています。

自町に戻った後、浜を周っています。 

ここまで見て帰宅。
紙屋町の皆さんおめでとうございます。

他町を追う

大北町

昨年新調の大北町。
町内の入り口まで地車を出しています。

 

大北町

紙屋町通過後、
バックで戻る・・・と思いきや
やりまわしで出てきました。
船津橋を浜の方に曲がって戻るのかな・・・

 

大北町

と思いきやまさかの2周目。
後梃子に毛布も巻いてないから
肩入れ痛そう・・・

 

大北町

再びやりまわし。

戻る