第142回

貝塚市堀町
新調地車
入魂式


 
  
'13/09/01

 

流木町から阿理莫神社へ向かうと
ちょうど堀町の地車が到着したところでした。

久保町の地車がお出迎え。

広い阿理莫神社の境内に入って
入魂神事です。


大工:植山工務店
彫刻:木彫岸田 岸田恭司師
   木彫片山 片山晃師
   木彫高濱 高濱輝夫師

彫り物は筒井-岸田門下の合作になっています。
腰周りは正面が岸田師、
    左面が片山師、
    右面が高濱師
と珍しい分け方になっています。

右松良、平清盛妖異を見る。

正面枡合は牛若丸・弁慶五条大橋の出会い。
よくあるものと構図が違い、
烏天狗も助力しています。 

正面は朝比奈三郎伝説でまとめられています。
土呂幕は朝比奈三郎と足利義氏の血戦。

左土呂幕は巴御前・畠山重忠一騎撃ち。

見送り下連子は義経八艘跳び

摺出鼻にはつぶらな瞳の牛が。

見送りは一の谷合戦。 

見送りは3師の合作のようです。

阿理莫神社を出て半田方面へ。
ホームセンタームサシの角で
やりまわしします。

やりまわし。

このあと半田・東と周って自町へ。
その間に先回りしました。

自町へ戻った後、初たこぼうず。

初めて見ましたが難しそうな角です。

決まって海塚方面へ。

このあとポツポツしてた雨が豪雨に・・・

駅前からやりまわし。
このときには土砂降りでした。

ここまで見て帰宅、
堀町の皆さんおめでとうございます。

他町を追う

久保町

阿理莫神社裏に地車庫があるので
神社まで地車を出してきています。

久保町

昨年大修理をしたのできれいです。
台木に大きな三つ巴の紋が。

 

久保町

後は槍です。

 

久保町

正面土呂幕は加藤清正 九州征伐。

 

久保町

昨年新調の番号持ち、字はおそらく宮壱番。
阿理莫神社の祭神、
饒速日命(にぎはやひのみこと)です。

 

久保町

正面枡合は天岩戸、
枡合上には獅子噛があります。

半田町

ホームセンタームサシの駐車場に
半田地車がきていました。
地車庫からは近いんですが
阪和線を渡る許可が下りなかったのか
トラックに載せられての輸送でした。

 

半田町

後面。

 

半田町

幟台は少し変わっています。

 

半田町

正面土呂幕は川中島 龍虎相打つ。

 

半田町

駐車場から出て横の道で
お迎えするべく待機。

 

東町

植山義正師の出世地車、
名地車と名高い地車です。

 

東町

雨のため残念ながらカバー着用、残念。
特徴の屋根四隅の提灯が目を引きます。

 

東町

堀町を迎える時はカバーを
少しとって顔を見せてました 。

戻る