第148回

高石市
試験曳き











'13/09/28

 

綾井

朝から忠岡道之町の入魂式を見て
自町の電柱紅白巻きを終えた後
コース下見まで時間があったので高石市へ。

南海高石駅の山手側で曳行中でした。

新村

高石市には色々連合がありますが、
高石駅周辺で連合曳きをするのは
紀州街道連合9町、羽衣連合2町、取石連合4町、
計15町です。

北新町

高石は区で分けられていて区ごとに地車がある感じです。 1区小高石、2区高磯、3区南、4区元町、5区北新町、
6区高師濱、7区北村、8区匠、9区新、10区(町内地車)村、
11・12・13区羽衣、13区東羽衣となっています。

この北新町も10年ほど前までは五区(五賛会)という名称でしたが
古い町名に復帰しました。

この地車は平成六年新調
大工:天野 行雄師
彫師:松並 義孝師



昭和7年泉佐野市日根野久ノ木で新調。
磯之上町先代、平成4年購入の地車です。
大工:絹井 楠次郎師
彫師:田沼 源次郎師

高磯
大正7年岸和田市南町新調・先代。
大工:朝代 市松師、田端 辰次郎師
彫師:玉井 行陽師、一元 林峯師



平成六年新調
大工:植山 良雄師
彫刻:森 西鶴師・木下頼定師

元々大工村だったためこのような名称になっています。

東羽衣

明治二十年に熊取町七山で新調、
岸和田市今木町を経て平成十六年から東羽衣へ。
大工:絹井 嘉七師
彫刻:安田 卯ノ丸師・玉井 行陽師

土生

昭和五十五年に堺市小阪で新調、
平成二十三年に土生へ。
地車購入を機に連合に参加しています。
大工:池内 福治郎師
彫刻:木下 頼定師

新家

新調年、大工、彫師すべて不詳、
昭和六十年に堺市深井澤町から購入、
平成十二年に大修理を行い上地車から折衷型地車へ。

小高石

平成元年新調
大工:池内 福治郎師
彫刻:木下 賢治師
安全柵が目立ちます。



やり回しポイントに移動

高師浜

この地車はもともと奈良の豪農が所有していたもので
詳細は不明です。
平成十五年の大修理で折衷型になりました。

この地車はこの年で最後、
翌年からは春木大国町の地車を購入し、
紀州街道連合はすべて下地車になります。

北村

昭和十四年に岸和田市岡山町大西小路で新調、
昭和六十三年に購入。
大工:絹井 楠次郎師
彫刻:木下 舜次郎師

綾井

平成二年に新調、
大工:天野 藤一師
彫刻:栗田 剛師

小高石

新家

大園

本年地車購入の大園。
昭和九年岸和田市流木町新調
大工:絹井 楠次郎師
彫刻:玉井 行陽師・開 正藤師・開 生a師

羽衣

明治二十三年岸和田市三田町新調、
平成十三年に購入。
大工:絹井 嘉七師
彫刻:安田 卯ノ丸師

かなり古い下地車ですがそれほど古さを感じさせません。
大きさがそれなりにあるからかな?

高磯

法被の色に特徴あります。

新村

平成四年新調
大工:大下 孝治師
彫刻:中山 慶春師

元町

昭和十二年岸和田市包近町新調、 平成十四年に購入。 大工:植山 宗一郎師
彫刻:木下 舜次郎師

法被はえんじ色です。

土生

ここまで見てコース下見のため帰宅しました。


戻る