第151回

神戸市東灘区
本住吉神社

祭禮










'14/05/04・05

 

私事ですが、この日の1週間前に 岸和田から神戸市東灘区住吉へ引っ越しました。
引っ越してすぐにお祭、ということで
5月4日の宮出しを 本住吉神社へ見に行きました。

本住吉神社には住吉地区7台の地車庫があり、
宮出しを待っています。

山田区

まず初めに山田区。
昭和7年新調の神戸型幕式地車です。

山田区

神社を出て国道2号線を少し東に進んだ後
町内をめざし北進します。
山田区は住吉の山手なので
坂を上って行かないといけません。

山田区

この辺りのだんじりの特徴は
山型に飾られた提灯です。
JR住吉駅横を進みますが、
JRのガードをくぐれないので西側へ迂回します。

空区

続いて空区が出てきます。
明治22年頃新調、神戸型幕式地車です。

空区

空区はJR住吉駅北側の地域になります。

空区

本住吉神社の裏、
JRの線路脇を西進します。

呉田区

平成24年新調の神戸型幕式地車、
新しい地車です。

呉田区

住吉地区では一番南、
阪神住吉駅の南側の地域になります。

吉田区

江戸後期〜明治初期新調の神戸型幕式地車、
昭和6年に東大阪から購入。
JR住吉駅南側の地域になります。

茶屋区

天保9年新調、神戸型幕式地車です。
吹田市堀奥町→大阪市天王寺区五条宮を経て
昭和54年購入、その後改作されています。

茶屋区

本住吉神社の南西方向、
御影と隣接している地域です。

住之江区

昭和6年灘区高羽で新調の神戸型幕式地車、
昭和22年購入。
吉田区の南、阪神線までの地域になります。

西区

最後に宮本である西区が宮出し。
明治後期に新調、淡路から垂水区東垂水を経て
昭和34年頃に購入の神戸型幕式地車。

この日はこれだけ見て帰宅しました。

西区

明けて5月5日、
住吉地区の地車が巡行しています。
西区内で西区地車。

吉田区

西区の後ろに吉田区。

茶屋区

本住吉神社内にいた茶屋区が宮出、
この後庄内地区4台の宮入があります。

野寄

本住吉神社南側参道から野寄地車、
大阪狭山市半田地区新調→狭山市隠→堺市枡矢→
大阪狭山市池尻有志→太鼓正→昭和61年に野寄、
神戸型幕式三枚板付き地車。

岡本の西側、住吉川東岸の地域です。

横屋

続いて横屋、
明治期に津名町多賀村新調、昭和初期購入の神戸型幕式三枚板地車。

住吉川東岸、魚崎北町辺りの地域。

横屋

地車をしゃくったりします。


西青木

明治中期以降の制作、大正13年八尾市より購入の神戸型幕式地車です。


西青木

阪神青木駅周辺の地域、


岡本

大正8,9年兵庫区東出町で新調、
淡路を経て昭和3年頃購入の神戸型幕式地車。

阪急岡本駅周辺の地域、
本住吉神社までは結構な距離があります。

4台の地車が整列し宮入を待ちます、
ここまで見て帰宅。

空区の会館近くに貼っていた
各地区の位置のポスターです。


戻る