第30回

 

山直中町 

修理地車入魂式

 

 

 

03/09/28

 

山直中町の入魂式です。

下池田→小田→山直中ときました。

自転車でここまできてバテバテ。

毎朝久米田駅から学校まで自転車で通う

飛翔館高校生を尊敬します・・・

 

地車は蜻蛉池公園で降ろされ

小屋の前まできました。

大工:絹井楠次郎、

彫師:木下舜次郎・松田正幸

昭和十五年の新調です。

今回の大修理でかなり大きくなったのでは?

これなら最近の新調地車が多い

山直南地区でも見劣りしないと思います。

この写真のような町内の狭い道を通れる

限界の大きさでした。

 

 

古い地車が新調同然で

戻ってくるのもいいものです。

地車がきれいになって装飾も変わって

ほんとに新調の様でした。

二重波風が残っていてよかったです。

最近の新調地車にはありませんから。

 

山直中町の皆さんお疲れ様です。

 

戻る