第38回

 

堺市

大鳥 

修理地車入魂式

 

 

04/08/29

 

堺市大鳥の入魂式です。

東羽衣を見た後羽衣線に乗って鳳まで。

商店街方向から大鳥大社方向へ戻る大鳥のだんじりに遭遇しました。

 

 

昭和6年新調。

大工:植山 宗一郎

彫師:一元 正

堺では初の岸和田型として新調された地車です。

長い間担い棒が付いていましたが今回の修理で取り外され、

完全な下地車となりました。

 

18年ほど過去の写真を見ると懸魚や屋根に付いた装飾が、

上地車のようでした。

おかげで最近まで下地車であることがわかりませんでした・・・

恥ずかしながら。

四本柱と欄干は黒檀です。

 

鳳地区は私たちと祭礼の日程が違うので見に行く機会はあったのですが、

大鳥のだんじりは初めてです。

今年はたまたま祭礼日程が同じなので行くことはできませんが、

また見に来たいと思います。

 

大鳥のみなさんお疲れ様でした。

 

戻る