第95回

熊取町
小垣内
昇魂式


 

09/11/01

 

地車庫前です。
6時50分くらい、
地車が出てきました。

当日朝は雲ひとつない
晴天でしたが、
昼前には雨が降ってきました。
曳行中に降ってこなくて
良かったです。
170号外環状線バイパスの
下をくぐっていきます。
 
この地車は明治13年新調の古豪、
岸和田市筋海町で新調され、
大正8年まで曳行されました。
この地車が筋海町の3先代、
先々代(五門)・先代(七山)も
熊取町で曳行されています。
大工:高橋若左衛門
彫師:宮地弥津計
   櫻井義國

Uターンします。

ふたたび外環下。
大きな房が目をひきます。

大森神社へ向かう
オクノ衣料前を
やりまわし。

やりまわしつづき。

大森神社の宮入です。
境内中央にある舞台の
周りを3周まわって
本殿前にとめます。
ビデオなどでは
見たことありましたが、
生で見たのは初めてです。

2周目、
綱も後梃子も難しそうです。

3周目、
このあと本殿前に据えます。
後梃子はしょっちゅう
とらないといけないんで
きつそうです。

動画もとってきました。
(Youtube)

昇魂神事中。

宮出しです。
屋根にはベテランの方が
乗っています。

鳥居はぎりぎりです。
新調地車も今以上の
大きさにはできないです。

神社を出て170号線を
下がります。

途中、狭い道に
綱が入ります。
地車も来るのかと思いきや、
そのまま下がりました。
まあ見てのとおり、
地車が入る広さはありません。

さらに170号線を下がります。

綱元は参拾人組の方々が
持っています。

途中何ヶ所か横道に
纏と綱が入り
地車を向けていました。
最後のNTT横の道には
入っていきます。
結構な上り坂を
走って行きました。

Uターンして下がってきました。

小垣内と野田の
境界まで行ってUターン。

式典会場に向かいます。
私はここで熊取駅へ。
この地車は煉瓦館で
展示されるようです。
新調地車は来年、
井上工務店で新調されます。

小垣内の皆さん
お疲れ様でした。

戻る