第98回

堺市
太平寺町
入魂式





 
 

10/04/25

 

堺市西区太平寺の入魂式です。
朝一は行けなかったのですが、
11時頃現地に到着。
町内曳行中に遭遇しました。
前旗、後旗、法被、後梃子と
緑で統一。
なかなか格好いいです。

町会館まで戻ってきました。
そのまま直進し
100円高速方面へ。

100円高速下でUターン。
Uターンするときに
みんなが「オー」って言って
梃子をとってるのが印象的でした。

この地車は昨年まで
貝塚市橋本町で曳行されていました。
大正9年新調、完全完成は13年です。
大工は大弥三 田端辰次郎師、
彫刻は一元林峰師です。

町会館方面へ戻ります。

鯉のぼりと地車。

町会館を越えてUターン。

再び会館方面へ。

会館前を最後のやりまわし。
やり回しを動画で撮ったんですが、
手ぶれひどすぎで載せるのを断念。

会館前で餅まき。

懸魚は夫婦岩。

後梃子の梃子尻は入魂式仕様、
寿です。
社紋は多治速比売神社の大和桜紋と
左三つ巴紋。

番号持ちはついていませんが、
獅噛みが太平寺と書いた蒔絵を噛んでいる
ものが新調されています。
彫刻は山本仲伸師、
この地車の出身地、
橋本の本年完成の新調地車も
師が彫刻を担当されています。

会館前で地車を止めて
式典です。

太平寺の皆さん、
おめでとうございます。




戻る